お知らせ

2018.11.27
意匠の新規性喪失の例外期間が6か月から1年に延長されます

意匠法では、意匠を公開した後に意匠登録出願した場合には、先の公開によってその意匠の新規性が喪失しないものとして取り扱う規定(意匠の新規性喪失の例外規定)が御座います。

改訂により、この期間が6か月から1年に延長されました。平成30年6月9日に施行され同日以降の出願に適用されます。ただし、平成29年12月8日までに公開された発明については、同日以降に出願しても、適用されませんので御注意ください。

詳しくは特許庁HPをご覧ください。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/ishou_reigai_encho.htm

PAGE TOP